秋植え球根の植え込み 広報おびひろ平成28年10月号

 秋に植え込み、翌春以降に開花する球根を「秋植え球根」といいます。秋植え球根は、花が咲き終わった後、新しい球根が育つと、茎葉が枯れて休眠に入ります。
 毎年球根を掘り上げ、分球(球根を手などで分ける)して植えるのが理想ですが、2〜3年は植えたままの状態で栽培しても構いません。

★ 植え込みの準備

 植え込む前に、必要に応じて堆肥とヨウリン、石灰を土に入れて耕しておきます。球根は花が咲くまでの養分を蓄えているので、元肥はあまり必要ありません。

★ 植え込み時期

  • チューリップ→9月下旬〜11月上旬
  • スイセン→9月中旬〜10月上旬
  • 購入して植え込みをするユリ→10月下旬〜11月上旬
    ※早植えすると芽が伸びて枯れる場合があります。

★ 掘り上げ時期

 花が咲き終り、茎葉が枯れてきたとき。

★ 堀り上げ後

  • ユリは、掘り上げたら茎葉を取り除いて、すぐに植え込みます。
  • チューリップやスイセンは、茎葉を取り除いた球根を、日陰で風通しの良い場所に保管します。
植え込み前の球根

植え込み前の球根


 

アブラムシから植物を守ろう 広報おびひろ平成28年8月号

 アブラムシはとても種類が多く、色もさまざまです。驚異的な繁殖力で、放っておくとひと月で1万倍にも増殖します。植物の柔らかい部分に群れで寄生して汁液を吸うので、植物は、栄養を奪われて成長が衰えたり、葉が巻いたり、萎縮したり、コブができるなどの被害が出ます。満腹になっても植物の汁液を吸い、未消化のまま甘い汁を出し続けるので、それを好むアリとの共生が営まれ、ウイルス病の媒介やすす病を誘発します。大量発生すると厄介な虫なので防除しましょう。

★ 農薬を使わず自然に優しい防除方法

寄せ付けない
 ・防虫ネットで植物を覆う
 ・トウガラシを漬けた焼酎や、木酢液を植物に散布する
退治する
 ・牛乳を直接アブラムシに散布して窒息させる

群れで寄生したアブラムシたち

群れで寄生したアブラムシたち


 

イチイの剪定 広報おびひろ平成28年6月号

 イチイは、北海道では刈り込みのきく庭木として広く用いられています。きれいに刈り込まれた仕立てものや生け垣、手入れをされた庭などを眺めるととても気持ち良いものです。毎年剪定してスッキリしてあげましょう。

★ 剪定の適期

・年1回だけ行う場合:7月上旬
・年2回に分けて行う場合:1.新芽の伸びが終わる6月初旬〜7月上旬、2.伸長生長が止まった8月中旬〜9月中旬(太い枝の切り落としもこのタイミングに)
 イチイは常緑針葉樹で、寒さの厳しい冬の剪定は苦手です。また、春の新芽を伸ばしている時期や真夏も、樹木に与えるダメージが大きくて弱ってしまうため、剪定を行う適期ではありません。

★ 剪定のポイント

・葉のない深い位置で切ると枝が枯れてしまうので、葉のある位置で切りましょう。
・切り口の幅が3センチ以上の場合は、癒合剤を塗布しましょう。癒合剤は、切断面の癒合促進と病原菌の侵入を防ぐ効果があります。

剪定されたイチイ

剪定されたイチイ

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市都市建設部みどりの課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4186(直通)
  • FAX:0155-23-0159

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集