出産費用の援助(入院助産制度)

 帯広市内にお住まいで、入院による出産費用を支払うことが困難な人に、指定された病院(助産施設)での入院・出産費用を援助します。
 原則として出産予定日の3カ月前までに申請が必要です。

対象となる世帯

  • 生活保護を受給している世帯 
  • 当該年度分の市町村民税が非課税の世帯 
  • 前年分の所得税額が8,400円以下の世帯で加入している健康保険から支給される出産育児一時金が404,000円未満の世帯

入所者の要件

  • 帯広市に居住し、住民票または外国人登録原票に登録されている人
  • 母子健康手帳の交付を受けている人

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 該当する年度の市町村民税課税または前年分の所得税額が確認できる書類
    (該当する年度の1月1日に帯広市に住民票がない場合に必要)

    ※市町村民税課税が確認できる書類については同意書を提出していただくことで省略することが可能

入所費(徴収金)

 世帯状況により徴収金がかかる場合があります。

入所期間

  • 原則として7日間

助産施設(帯広市内)

  • 帯広協会病院(東5条南9丁目2)
  • 帯広厚生病院(西6条南8丁目1)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市こども未来部こども課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4160
  • FAX:0155-23-0155

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集