生活支援・福祉活動

帯広市生活館を紹介します

 帯広市生活館は、アイヌの人たちの生活文化の向上と社会福祉の増進に寄与することを目的としています。

施設の概要

  • 住所 帯広市柏林台東町2丁目2番地5
  • 電話 0155-34-6552 FAX 0155-34-6550
  • 開館時間 午前9時から午後10時まで
  • 休館日 毎週月曜日(月曜日が国民の祝日の場合はその翌日)、12月29日から1月3日まで
  • 愛称 ふくろうの館
  • 生活館写真

    帯広市生活館の主な事業

    (1) アイヌ民族の文化及び生活習慣の伝承に関する事業
    (2) 生活相談及び生活改善指導事業
    (3) 保健衛生及び社会福祉事業
    (4) 教育及び図書閲覧事業
    (5) アイヌ団体の育成に関する事業
    (6) 生活、文化及び社会福祉に関する活動の場を提供する事業
    (7) その他市長が特に必要と認める事業

    使用の申請

    使用の申込みは、次に定める日から生活館で受付けます。ただし、受付開始日が休館日である場合は、その翌日を受付開始日とします。
    1.アイヌの人たちが使用する場合
      使用日の属する月の3か月前の月の初日
    2.上記以外の人たちが使用する場合
      2月前の日(2月前の日に該当する日がない場合は、2月前の月末日)

     

    料金表


     室名  区分  使用料
     暖房料
     会議室  1時間  100円
     110円
     全日  1,100円  1,000円
     大会議室  1時間  310円
     260円
     全日  3,200円
     2,400円
     保健衛生室
     1時間  130円  110円
     全日  1,400円  1,000円
     教養娯楽室  1時間  100円  110円
     全日  1,100円  1,000円
     調理実習室  1時間  490円  330円
     全日  5,100円  3,000円
     和室1  1時間  120円  130円
     全日  1,250円  1,200円
     和室2  1時間  90円  100円
     全日  950円  900円
    備考
    1 暖房の通気期間は、10月20日から翌年4月30日までとする。ただし、期間外であっても
     実情に応じ必要があるときは、暖房を通気することができる。
    2 前項ただし書の規定により、期間外に通気した場合の暖房料は、期間内の当該暖房料の
     100分の60の額(10円未満の端数は、切り捨てるものとする。)とする。
    3 全日の使用料及び暖房料は、午前9時から午後10時まで連続して使用する場合に適用する。

     

    クリックするとPDFファイルが開きます。 (73KB)


    館内の様子

    館内の様子につきましてはこちらのパンフレット (2349KB)をご覧ください。

    アクセス

    (1)JR柏林台駅より約1.2km

     案内図

    (2)JR帯広駅より      十勝バス 乗車 1・10・17・31 系統 「白樺通16条」下車 徒歩5分

     

    ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

    このページに関するご意見・お問い合わせ

    帯広市保健福祉部社会課

    • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
    • 電話:0155-65-4146
    • FAX:0155-23-0154

    より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

    お求めの情報が充分掲載されていましたか?

         

    ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

         

    不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

    広告欄

    • 株式会社総合設計
    • サトラのリフォーム
    • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
    • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
    • 住まいの・星屋
    • 有限会社ウッドライフ
    • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
    • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
    • 株式会社新生
    • 広告募集