生活支援・福祉活動

平成28年度臨時福祉給付金の概要

確認じゃ!高齢者向け給付金

 消費税率の引上げに伴い、所得の低い方への負担や子育て世帯への影響を緩和するために、暫定的・臨時的な措置として「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」を支給します。
お知らせ

9月28日頃に申請書を送付しますが、給付の要件にあてはまる方で、申請書が郵送されて

いない場合は、下記の問い合わせ先まで連絡ください。






給付対象者

平成28年1月1日時点で帯広市に住民登録があり、平成28年度の市民税(均等割)が課税されていない方
(課税されている方の扶養親族や生活保護を受けている方は対象外となります。)

 給付金特設ページ 確認じゃ!2つの給付金

給付額

 対象者1人につき3千円
 ※給付は1回のみとなります。

申請方法等

 平成28年9月28日(水)頃に給付要件を満たしている方に申請書をお送りする予定です。

申請期間

 平成28年9月30日(金)から平成29年1月10日(火)

配偶者からの暴力を理由に避難している方について

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、一定の要件を満たす方は、必要な手続きをしていただくことにより、ご本人に臨時福祉給付金を支給することができます。
   pdfアイコン「チラシ」 (542KB)
 pdfアイコン「申出書」 (286KB)
   まずは、帯広市の男女共同参画推進課(0155-65-4134)または、十勝総合振興局配偶者暴力相談支援センター(0155-26-9029)にご相談ください。

該当と思われる場合はお早めにご相談ください。


障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の概要

 国の施策の一環として、低所得の障害年金受給者・遺族年金受給者を支援するために障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を支給します。

給付対象者

平成28年度の臨時福祉給付金の対象者のうち、平成28年5月分の障害基礎年金・遺族基礎年金を受給している方。

※高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の給付を受けた方は対象外となります。

給付額

 対象者1人につき3万円
 ※給付は1回のみとなります。

申請方法等

 平成28年9月28日(水)頃に給付要件を満たしている方に申請書をお送りする予定です。

申請期間

 平成28年9月30日(金)から平成29年1月10日(火)

配偶者からの暴力を理由に避難している方について

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、一定の要件を満たす方は、必要な手続きをしていただくことにより、ご本人に臨時福祉給付金を支給することができます。
   pdfアイコン「チラシ」 (542KB)
 pdfアイコン「申出書」 (286KB)
   まずは、帯広市の男女共同参画推進課(0155-65-4134)または、十勝総合振興局配偶者暴力相談支援センター(0155-26-9029)にご相談ください。

該当と思われる場合はお早めにご相談ください。


    高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の概要(受付は終了しました)

    確認じゃ!高齢者向け給付金

     国が実施する「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい低年金受給者等の高齢者を支援し、平成28年前半の個人消費の下支えにも資するよう、低所得の高齢者を対象に年金生活者等支援臨時福祉給付金を実施・支給するものです。
    お知らせ

    8月29日(月)を持ちまして、受付は終了しました。

    給付金特設ページ(厚生労働省) 外部リンク
    厚生労働省のページ

    給付対象者

     平成27年度臨時福祉給付金の対象者のうち、平成28年度中に65歳以上になる方。
     具体的には以下の4つの要件すべてに該当する方が対象となります。

    • 平成28年度中に65歳以上になる方(昭和27年4月1日までに生まれた方)。
    • 平成27年1月1日時点で帯広市に住民登録(住民票)がある方。
    • 平成27年度分の市民税(均等割)が非課税で、課税者に扶養されていない。
      ※「扶養」には、控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、青色事業専従者及び白色事業専従者を含みます。また、住民票の世帯や健康保険の扶養とは異なります。
    • 生活保護を受けていない方
      ※平成27年1月1日に保護が停止されていた方及び平成27年1月2日から平成28年4月1日までの間に保護が廃止され、又は停止された方は対象となります。

    給付額

    対象者1人につき3万円

    申請受付期限

    平成28年5月27日(金)から平成28年8月29日(月)まで

    配偶者からの暴力を理由に避難している方について

     低所得の高齢者向けの年金生活者等支援臨時福祉給付金に関して、配偶者からの暴力を理由に避難している方で、一定の要件を満たしている方は、手続きにより、ご本人に給付金を支給することができます。 該当と思われる場合はお早めにご相談ください。

     帯広市男女共同参画推進課(0155-65-4134)
     十勝総合振興局配偶者暴力相談支援センター(0155-26-9029)

     icon ○チラシ (412KB)
     icon ○申出書 (290KB)

    関連リンク

    厚生労働省の相談窓口

     厚生労働省では、専用ダイヤルを設置しておりますので、制度の概要などについてのお問い合わせにご利用ください。

     【高齢者向け給付金専用ダイヤル】
    • 電話番号:0570-037-192
    • 運営時間:午前9時から午後6時まで(平日のみ。ただし、4月1日〜7月31日は土日祝も開設。) 

    ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

    このページに関するご意見・お問い合わせ

    帯広市保健福祉部社会課

    • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
    • 電話:0155-65-4233(平日の8時45分から17時30分まで)

    より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

    お求めの情報が充分掲載されていましたか?

    ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

    不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • LED照明のご用命は株式会社エコマックスジャパン
  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 有限会社ウッドライフ
  • 炭の家+アレブデザイン エーアイホームズ
  • 住まいの・星屋
  • 広告募集