生活支援・福祉活動

アイヌ民族の理解等、事業を進めています

 アイヌ民族は、北海道などに古くから住み、固有の言語、文化、生活習慣などをもち、自然と共生した生活をおくっていた私たちの国における少数民族です。
 帯広市では、アイヌ民族について、北海道や諸団体のみなさんと共に、次の取り組みを進めています。

アイヌ民族についての理解促進

アイヌ民族についての理解促進

 アイヌ民族の歴史、文化、現状などについて情報を提供しています。

  • 帯広市百年記念館 アイヌ文化情報センター「リウカ」のご紹介
    アイヌ民族の伝統的な文化や歴史について、本やビデオ、音声資料などを使って学ぶことができます。 
  • 所在…帯広市緑ヶ丘2 百年記念館内
  • 開館時間…9時〜16時30分 
  • 休館日…毎週月曜日、祝祭日の翌日(土日の場合は開館)、年末年始 
  • 電話…0155-24-5352 
  • ホームページURL
    http://www.museum-obihiro.jp/index.shtml
アイヌ文化情報センター「リウカ」

地域活動の推進

 アイヌ文化の伝承活動や地域活動の拠点である生活館の充実をはかるとともに、社会的、経済的自立やアイヌ文化の継承、子弟の教育に取り組んでいる帯広アイヌ協会の活動を支援しています。

文化の振興

視覚文化の継承

 帯広アイヌ協会や帯広カムイトウウポポ保存会などのアイヌ語や古式舞踊の伝承活動を支援し、アイヌ文化の継承と保存につとめます。

バッタキウポポ(バッタのおどり) シチョチョイ(豊作をいのるおどり)

調査研究の推進

 帯広・十勝のアイヌ文化に関する資料を収集するとともに、道立アイヌ文化研究センターなどとの交流をはかり、アイヌ文化についての調査研究をすすめます。

教育の振興(教育水準の向上)

 アイヌ民族の歴史や文化、現状などについて理解を深めるための教育内容を充実するとともに、アイヌ子弟の高等学校などへの進学の奨励をはかり、すぐれた人材の育成に取り組みます。

生活の自立と生活環境の充実

 生活の自立と就労を促進するため、相談、指導体制の充実をはかるとともに、住宅の整備を推進するなど安定した住みよい環境づくりをすすめます。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部社会課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4146
  • FAX:0155-23-0154

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集