このページでは、皆さんに知ってもらいたい乳がんに関わることを掲載しています。
さらに詳しく知りたい場合は、帯広図書館にて関連する資料(本)を読むことができます。
帯広市図書館(帯広市西2南14) TEL) 0155-22-4700 FAX) 0155-22-4701  図書館「か・ら・だ♪ナビ」ホームページはこちら

乳がんについて

Q 『乳がん』ていったいどんな病気?

A 乳がんは乳房の中の小葉組織(母乳を作るところ)や乳管組織(母乳を乳首まで運ぶ管)から発生する悪性腫瘍です。
ひとつのがん細胞が1センチくらいの大きさになるまでには約5〜10年かかりますが、そこから2センチ大になるのには1年ほど
といわれています。それくらいの大きさになると自分で乳房を注意深くさわるとわかるしこりになります。さらに病気が進むとえくぼのようなくぼみができたり、ひふが赤く腫れたりしてきます。


Q かかりやすい年齢は?

A 乳がんの発生は20歳前後から認められ、30歳代で増加、40歳代から60歳代前半までがピークです。その後も少し数は減りますが、依然として高く、70、80歳の乳がんも多い状況です。
 つまりがん検診対象の40歳よりも若いときから、そしていくつになっても、乳がんにかかる可能性が高いので自分で定期的にチェックする必要があります。そして可能性がより高くなる40歳からは2年に一度の乳がん検診が必要なのです。

 

日本の乳がん事情

 乳がんになる人の数(罹患者数)は1996年に女性の悪性疾患の第1位になって以来、その後右肩上がりに上昇し、現在は女性の一生のなかで、11人に1人が乳がんになるといわれています。このように乳がんは女性にとってごく身近に起る病気です。
 乳がんで亡くなる人の数(死亡者数)は、これも年々増加の一途で、2013年は13,148人でした。
 また、残念な事に日本では発見される時にはすでに進行している場合が少なくないという嘆かわしい状況です。これは、乳がんに対する関心や知識が低く、検診受診率が低いことが関係しています。
 特に40歳代から60歳代までの年齢層の女性のがんによる死亡の中では乳がんが一番多くなっています。また、乳がんによる死亡者全体をみても、この年代の人が半数を占めています。この年代は働き盛り、また子育ての最中のおかあさんなどが多く、病気や死亡が社会や家庭に与える損失ははかり知れません。

 

早期発見が大事な理由

 早期発見の最大のメリットは「乳がんで死ななくてすむ」確率が高くなることです。発生した乳がんが小さな部分に留まっているうちはほとんど命を脅かすことがないのです。
 早期発見なら乳房を温存するなど、自分の希望する手術法や治療法を医師と相談して選択できる可能性も高くなります。また、入院期間や再発防止の治療期間なども短いので経済的負担も軽くすみます。
 乳がんが「見つかる事」が恐い事なのではなく、「知らないまま」が恐い事です。

 

『乳がん』を他人事と思っていませんか?

 二十歳を過ぎれば乳がんの可能性が高くなるという状況です。そして乳がんになったら辛い思いをするのはあなただけではありません。あなたを愛する家族・友人・まわりの人達も悲しい思いをします。

 

『乳がん検診』を受けてみませんか?

 日本の女性が罹患するがんのうち罹患率第一位が、乳がんです。そして、その現状は罹患率・死亡率とも増え続けています。死亡率が増えている原因は、日本の乳がんの検診率の低さだと指摘されています。一方海外に目を向けてみますと、欧米諸国は、罹患率は増えているものの、死亡率は徐々に低下しているのが現実です。欧米諸国において、6〜7割の女性が乳がん検診を受けているようです。
 帯広市では、40歳から、2年に一度乳がん検診を受けられます。今年度、あなたが対象かどうかはこちらから確認できます。

 

「Pink Ribbon in おびひろ」の情報と検診の申し込み ライン

▼ここから検診の申込ができます 乳がん検診お申込フォーム がん検診対象年齢早見表 各種がん検診について
2017年10月15日(日)ジャパンマンモグラフィーサンデー 乳がんを知るパネル展 10月25日(水)から31日(日) 場所:帯広市図書館 乳がんについての基礎知識 毎月のセルフチェックを習慣に!!

ピンクリボンマーク Pink Ribbon in おびひろ トップページ に戻る

 

「ピンクリボン運動」とは ライン

『ピンクリボン』とは「乳がん予防の取組みを示すマーク」で、乳がんの予防・早期発見に向けた取組みを『ピンクリボン運動』といいます。10月は厚生労働省が強化月間として示す「乳がん月間」です。

帯広市では「Pink Ribbon in おびひろ」として市内医療機関や地元企業、そして市民の皆さんと一緒に乳がんの予防・早期発見に向けた運動に取組んでいます。
帯広市のがん対策

タレント 原 千晶さんからのメッセージライン

はらさん

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25-9721(直通)
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集