平成28年4月1日より日本脳炎の予防接種が定期接種になりました

*日本脳炎の予防接種は、北海道内全域を「日本脳炎の予防接種を行う必要がない区域」として指定していましたが、住民が道外や海外に行き来する機会が増えていること等から、平成28年4月1日より日本脳炎を定期予防接種とすることを決定しました。
 この決定を受けて、帯広市においても、平成28年4月1日より日本脳炎を定期予防接種として実施します。

日本脳炎のお問い合わせは健康推進課まで

定期予防接種の対象者

  • 標準的には3歳で1期初回(6〜28日の間隔で2回)し、おおむね1年をあけて、
    4歳で1期追加(1回)、9歳に2期(1回)の合計4回の接種になります。

  • 接種可能な期間は、1期は生後6ヶ月以上90ヶ月未満の者、2期は9歳以上13歳未満の者です。

*ただし、北海道においては これまで定期の予防接種を行っていなかったことから、標準接種年齢以外の年齢でも生年月日により優先順位を設けて年度ごとに段階的に実施します。

 

特例接種の対象者

 全国的にも予防接種の副反応により予防接種を差し控えて時期があり、予防接種を受けられなかった方がいます。
 そのため、特例接種として、平成8年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は20歳になる前日まで、平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方は9歳から13歳になる前日まで定期接種として予防接種が受けられます。

 特に今年度20歳を迎える方は、国の制度により、無料での定期接種が受けられる期間が限られていますので、ご注意下さい。


 特例接種は、ワクチンの安定供給のために平成38年まで、年度ごとに優先となる接種対象者が決められていますので、ご協力をお願いします。対象年齢をすぎると、接種を受けることは可能ですが、任意接種になるため有料(全額自己負担)となります。

 特例接種の場合で、今までに日本脳炎の予防接種を受けたことがない場合は、1期初回を6日以上の間隔で2回接種し、6ヶ月以上の間隔をあけて、1期追加(3回目)、2期(4回目)の接種は9歳以上で接種し、1期(3回目)終了後6日以上の間隔をあけて1回接種します。
 予防接種歴の有無によって接種間隔が異なるため、詳しくはお問合せ下さい。

pdf※詳細な 年齢別スケジュール(優先接種予定) (186KB)

平成28年度の優先接種対象者と接種時期

1期初回:

1期追加:

平成24年4月2日から平成26年4月1日生まれの方 (3歳の誕生日〜4歳の誕生日の前日まで) は3回接種

平成21年10月2日から平成23年4月1日生まれの方 (7歳6ヶ月になる日の前日まで) は3回接種

1期追加:

平成24年4月2日から平成25年4月1日生まれの方で、1期初回(2回)が終了している方のみ

(4歳の誕生日〜5歳の誕生日の前日まで) は1回接種

2期:

平成19年4月2日から平成20年4月1日生まれの方で、1期接種(3回)が完了している方のみ

(9歳の誕生日〜10歳の誕生日の前日まで) は1回接種

特例接種: 平成8年4月2日から平成11年4月1日生まれの方 (20歳の誕生日の前日まで) は4回接種

pdf平成29年度 実施医療機関 (191KB)

*事前に予防接種の有効性や安全性、副反応等について十分理解したうえで希望する方は接種を受けてください。

 予防接種の効果と副反応

  日本脳炎ワクチンの効果を確実にするためには、初回接種(2回)とその後の追加接種によって、発症を予防することが可能なレベルの抗体(免疫)を維持することができます。しかし、抗体のレベルは年月とともに下がっていくため、最後の接種から5〜10年毎に1回接種することで、脳炎の発症を予防するレベルの抗体を維持することができます。

 日本脳炎ワクチンの副反応には、局所の反応として、紅斑、内出血、疼痛、腫脹、掻痒感(かゆみ)等、全身の反応として、発熱、発疹、じんましん、頭痛、咳、鼻漏、のどが腫れる、のどの痛み、嘔吐、食欲不振、腹痛等です。極めてまれな副反応には、ショック、アナフィラキシー、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、脳炎・脳症、けいれん、血小板減少性紫斑病などの報告があります。

 以前は、ワクチンの精製の過程からADEMなどが理論的に危惧されていましたが、平成21年よりワクチンが変更され、現在使用されているワクチンは、精製過程の変更等によりその可能性は否定されています。しかし、ADEMの原因は不明であり、他のワクチン接種でも稀にADEMの発症がみられることから、それらと同程度のリスクは存在します。 

日本脳炎とは

 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスが脳や脊髄に感染して発症し、高熱、頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害などの症状が出る病気です。ウイルスに感染しても脳炎にならない人がほとんどですが、日本では過去10年間に56人が発症し、3人が亡くなっています。
 日本脳炎ウイルスは、ふだんはブタなどの動物の体内で増え、その動物の血を吸った蚊(コガタアカイエカ)がヒトを刺すことによって、ヒトにも感染します。
 現在、北海道には日本脳炎のウイルスを持つ蚊は定着していないと言われており、これまで道内の発症者は0人ですが、わずかながら北海道での感染の可能性もあるとされています。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25-9721(直通)
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集