ページトップ

熱中症について

熱中症とは、高温多湿な環境下において、体内の水分及び塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻するなどして発症する障害の総称で、次のような症状が現れます。

熱中症の症状

○めまい、失神
○筋肉痛、筋肉の硬直
○大量発汗
○頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
○意識障害、けいれん、手足の運動障害
○高体温

特に注意が必要な人

高齢者

熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。暑さや水分不足に対する感覚機能の低下、暑さに対する調節機能の低下などから、特に注意が必要です。

子ども

子どもは体温調節の能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。

熱中症の予防

熱中症の予防には、エアコンの使用(室内)や帽子の着用(外出時)など暑さを避けること、のどの渇きを感じる前からこまめに水分を補給することが大切です。

※画像をクリックすると厚生労働省から出されているリーフレット(PDF)をご覧いただけます。
熱中症リーフレット

その他、熱中症の情報についてはこちら

リンクアイコン熱中症関連情報<施策紹介、熱中症予防リーフレット、熱中症診療ガイドラインなど>(厚生労働省)
リンクアイコン熱中症予防情報サイト<暑さ指数(WBGT)予報、熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレットなど>(環境省)
リンクアイコン熱中症から身を守るために<気温の予測情報、天気予報など>(気象庁)
リンクアイコン熱中症情報<熱中症による救急搬送の情報など>(消防庁)

 

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25-9721(直通)
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • 広告募集