梅毒に関する注意喚起について(北海道帯広保健所情報提供)  2014年12月5日更新

 北海道帯広保健所管内において、2005年から2011年までの7年間発生の届出がなかった梅毒が、2012年に2件、2013年に1件、2014年は11月23日現在で14件の発生となっていることから、注意喚起について情報提供がありますのでお知らせします。

 梅毒とは、梅毒トレポネーマという細菌による性感染症で、性行為により感染します。この菌は、梅毒の傷との直接接触により、人から人へと感染します。梅毒の傷は、主として、外陰部、膣、肛門、直腸に見られます。唇や口の中に見られることもあります。また、この菌による便座、ドアの取っ手、水泳プール、温泉、風呂などでは、感染しません。詳細や相談等希望される方は。北海道帯広保健所 健康推進課(電話0155−26−9084)にお問合せください。

 

 

  

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25-9721(直通)
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集