新型インフルエンザ情報−平成21年度

 平成21年に世界的に流行し、5月に国内初の感染者が確認されて以降、国内でも感染者増加が続く「新型インフルエンザ」について、予防対策や相談窓口、国・北海道の発表などを掲載しています。

新型インフルエンザワクチン接種を希望される方へ(平成22年3月2日掲載)

 帯広保健所から2月22日に新型インフルエンザワクチン接種についての情報提供がありましたので、抜粋してお知らせします。

【帯広保健所提供資料の抜粋】
 新型インフルエンザワクチンの接種は、メリットとリスクを踏まえ、個人の選択により接種を受けていただくものです。

 新型インフルエンザワクチンは重症化を防止するために有効とされており、平成21年12月末現在で、全道で約51万人の方々が接種を済まされています。また、現在、道内では、希望する全ての方にワクチンを接種することが出来る体制を整えており、このために必要な国産ワクチンも、道として十分な量を確保しています。

 状況に大きな変化がない限り、道内のワクチンは国産のものを使用します。今後、輸入ワクチンの供給を必要とする状況になった場合は、道として改めて道民の皆様にお知らせします。

    >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る 

「優先接種対象者」以外の人の新型インフルエンザワクチン接種が開始します
予約:1月22日〜、接種1月22日〜 (平成22年1月21日掲載)

 ワクチン接種は、万一かかった場合において、高熱などの症状を軽くし、合併症による入院や死亡を減らす効果が期待されます。

優先接種対象者・接種スケジュール

 優先接種対象者以外の人の新型インフルエンザワクチン接種が開始します(下記の表で赤字で表示部分)

 なお、国においては、2月に入ってから輸入ワクチンの供給を開始する予定としています。
 2月以降に医療機関に予約をする際は、国産ワクチンと輸入ワクチンのどちらを希望するのかについて、必ずお申し出ください。

PDFファイル予約・接種スケジュール[1月20日現在](176KB) 

 
対象者
予約開始日
接種開始日
接種医療機関への提示書類(※2)
1 医療従事者・救急隊員 10月23日(金曜)  
2 妊婦 11月2日(月曜) 11月16日(月曜) 母子健康手帳
2 基礎疾患を有する者(最優先) 11月2日(月曜) 11月16日(月曜) 優先接種対象者証明書(※1)
3 基礎疾患を有する者(その他) 11月24日(火曜) 12月4日(金曜) 優先接種対象者証明書(※1)
3 1歳〜 就学前 11月24日(火曜) 12月4日(金曜) 母子健康手帳または
各種健康保険被保険者証
4 小学校1〜 3年生 12月7日(月曜) 12月17日(木曜) 母子健康手帳または
各種健康保険被保険者証
4 1歳未満児等の保護者 12月7日(月曜) 12月17日(木曜) 母子健康手帳または
各種健康保険被保険者証
4 優先接種対象者のうち、身体上に理由により予防接種が受けられない者の保護者等 12月7日(月曜) 12月17日(木曜) 優先接種対象者証明書(※1)
4 小学校4〜 6年生 12月7日(月曜) 12月17日(木曜) 各種健康保険被保険者証
または学生証
5 中学生 12月21日(月曜) 12月28日(月曜)
※年内は3年生のみ
各種健康保険被保険者証
または学生証
6 高校生 12月21日(月曜) 12月28日(月曜)
※年内は3年生のみ
各種健康保険被保険者証
または学生証
7 高齢者(65歳以上) 1月8日(金曜 ) 1月19日(火曜) 各種健康保険被保険者証
または運転免許証
8 優先接種対象者以外の一般道民 1月22日(金曜) 1月22日(金曜)  

※1 かかりつけ医に証明してもらいます。かかりつけ医が接種する場合は不要です。
※2 接種料金が無料となる方は、提示書類のほかに、パンフレット4ページの手続きを行い「補助金交付決定通知書」を提示し、「補助金交付委任状」を提出してください。2回目接種時には、1回目接種後に医療機関から発行される「新型インフルエンザ予防接種済証」も提示してください。

▼「新型インフルエンザワクチン接種について」のパンフレットを全戸配布しています
 11月上旬に「新型インフルエンザワクチン接種について」のパンフレット(A3版・両面)を全戸に配布しています。優先接種対象者や接種スケジュール、手続方法、接種料金が無料になる方の手続きを掲載していますので、ご覧ください。

※接種スケジュールはその後変更していますので、ホームペ−ジで確認してください。

PDFファイルパンブレット「新型インフルエンザワクチン接種について」[平成21年11月送付](353KB)

予防接種の手続き(平成22年3月12日更新)

 上記「優先接種対象者」について、接種時期になりましたら、実施医療機関へ予防接種予約の電話をしたのち、提示書類を持参して受診してください。

PDFファイル接種医療機関[平成22年4月14日9時現在、北海道作成資料の帯広市内分抜粋](33KB)

最新の接種医療機関や手続き方法については、以下のページをご覧ください。
x北海道健康安全室「新型インフルエンザワクチン情報」

【接種料金】
1回目:3,600円
2回目:2,550円(1回目と異なる医療機関で接種する場合は、3,600円)

接種料金が無料になる方(平成22年2月10日更新)

・平成21年度の市民税が家族全員非課税である方。
・生活保護を受給している方。

【手続き】
 帯広市から発送しました申請書に記入して提出してください。
 提出後、帯広市から「補助金交付決定通知書」「補助金交付委任状」を送付します。

▼接種料金が無料になる方で、すでに自費で接種された方は、償還払いの手続きとなりますので、帯広市健康推進課(電話0155-25-9720・9721)に連絡してください。

厚生労働省資料(インフルエンザ対策担当課長会議資料)

PDFファイル新型インフルエンザ(A/H1N1)ワクチン接種の基本方針(121KB)
PDFファイル今後の新型インフルエンザ対策について〜ワクチン接種の基本方針〜(225KB)
PDFファイル新型インフルエンザワクチンQ&A[平成21年10月2日時点](442KB)

x厚生労働省「新型インフルエンザ対策関連情報〜ワクチン関連情報〜」

    >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

帯広保健所発表「管内の1医療機関当たりの患者数」(平成22年1月18日更新)

 帯広保健所管内の13医療機関を対象とした定点調査の結果、1月4日〜1月10日の「1医療機関当たり患者数」が1.46人と減少傾向です。

 予防と早めの治療を心がけ、感染と重病化を防ぎましょう。

新型インフルエンザ患者・疑似症患者の集団発生情報
(平成21年8月25日掲載・平成22年3月12日最新更新)

帯広市内の小中学校・保育所「新型インフルエンザ患者・疑似患者」集団発生情報

 発生施設  発症者数
または欠席者
 対応(学級閉鎖など) 閉鎖対象 
 現在はありません      
   

帯広保健所発表の「新型インフルエンザ患者」集団発生情報(幼稚園・高校など)

 確認日  発生施設  発症者数  対応など
 現在はありません      
  


 市民の皆様には、引き続き通常のインフルエンザの予防と同様に、うがいや手洗い、咳エチケットの励行などに取り組んでいただくとともに、正しい情報に基づいた冷静な対応をお願いします。

※平成21年8月25日に感染症法施行規則が改正されたことに伴い、新型インフルエンザ(インフルエンザウィルスA/H1N1)患者と診断した場合の医師からの届出および集団発生時のPCR検査は行わないこととなりました。

    >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

「新型インフルエンザワクチン接種について」のパンフレットを全戸配布しています(平成21年11月9日掲載)

 ワクチン接種は、万一かかった場合において、高熱などの症状を軽くし、合併症による入院や死亡を減らす効果が期待されます。

 「新型インフルエンザワクチン接種について」のパンフレット(A3版・両面)を全戸に配布しています。優先接種対象者や接種スケジュール、手続方法、接種料金が無料になる方の手続きを掲載していますので、ご覧ください。

PDFファイルパンフレット「新型インフルエンザワクチン接種について」(353KB)

    >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

新型インフルエンザワクチンの接種(平成21年10月8日掲載)

 ワクチン接種は、万一かかった場合において、高熱などの症状を軽くし、合併症による入院や死亡を減らす効果が期待されます。

 国は優先接種の対象者を定めました。接種開始時期は、ワクチンの流通に必要な期間などを考慮し、各優先接種対象者ごとに都道府県単位で設定されることとなっております。
 決定しだい、お知らせいたします

厚生労働省資料(インフルエンザ対策担当課長会議資料)

PDFファイル新型インフルエンザ(A/H1N1)ワクチン接種の基本方針(121KB)
PDFファイル今後の新型インフルエンザ対策について〜ワクチン接種の基本方針〜(225KB)
PDFファイル新型インフルエンザワクチンQ&A[平成21年10月2日時点](442KB)

x厚生労働省「新型インフルエンザ対策関連情報〜ワクチン関連情報〜」

優先接種対象者

▼優先接種対象者
1.インフルエンザ患者の診療に直接従事する医療従事者(救急隊員を含む)
2.妊婦、基礎疾患を有する者
3.1歳〜小学3年生に相当する年齢の小児
4.1歳未満の小児の保護者、優先接種対象者のうち、身体上の理由により予防接種が受けられない者の保護者など

▼その他
1.小学4〜6年生、中学生、高校生に相当する年齢の者
2.高齢者(65歳以上、ただし基礎疾患を有する者を除く)

接種医療機関

 国と委託契約を結んだ医療機関 ※決定しだい掲載します。

接種費用

1回目:3,600円
2回目:2,550円(1回目と異なる医療機関で接種する場合は、3,600円)

※「優先接種対象者で低所得者向け」のワクチン接種費用の助成・対象者など具体的内容については、決定しだい掲載します。

    >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

インフルエンザ脳症にご注意ください(平成21年9月9日掲載)

 新型インフルエンザにより、インフルエンザ脳症を発症することがあります。
 インフルエンザ脳症は主に5歳以下の乳幼児が発症し、発病後の急速な病状の進行と予後の悪さ(急性期死亡例30パーセント、後遺症例25パーセント)を特徴とする疾患です。

 次の症状がみられた場合は、早めに医療機関を受診しましょう

インフルエンザ脳症の症状

 インフルエンザ様症状(突然の高熱、咳、のどの痛み、倦怠感、鼻みず、鼻づまり、頭痛等)に加えて、以下の症状が見られます。

  • 呼びかけに答えないなど、意識レベルの低下が見られる。 
  • 痙攣重積※注1(けいれんじゅうせき)やけいれん後の意識障害が持続する。 
  • 意味不明の言動が見られる。

    ※注1:痙攣重積ーけいれん発作が30分以上持続した状態やけいれん発作を繰り返し30分以上意識が完全回復しない状態のこと。

強い解熱剤はインフルエンザ脳症の予後を悪化させます

・強い解熱剤(例:ボルタレン、ポンタールやこれらと同様の成分の入っているもの)は、インフルエンザ脳症の予後を悪化させます。
・解熱剤使用については、かかりつけの医師や薬剤師に相談して使用しましょう。

    >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る  

8月20日、帯広保健所管内で新型インフルエンザ患者および疑似症患者が確認されました(平成21年8月21日掲載)

 帯広保健所管内の高校で、新型インフルエンザの患者1名と疑似症患者2名が確認されました。8月20日現在、全員容態は安定しており、自宅療養中です。

 市民の皆様には、引き続き通常のインフルエンザの予防と同様に、うがいや手洗い、咳エチケットの励行などに取り組んでいただくとともに、正しい情報に基づいた冷静な対応をお願いします。

  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

厚生労働省より新型インフルエンザの「本格的な流行の開始」が発表されました(平成21年8月20日掲載)

 8月20日現在、新型インフルエンザ感染者の国内の死者が3人になりました。
 また、国立感染症研究所の発表では、全国約5千カ所の医療機関の、8月3〜9日受診した1医療機関あたりの患者数は0.99人と、流行開始の目安の「1人」に近づいています。この1週間に医療機関を受診した全国の患者数は6万人と推定されています。

 手洗い、人混みでのマスク着用、咳エチケットの徹底、うがい等の感染予防策の徹底をお願い致します。また医療機関における受診のしかたは、次の項目をご覧ください。

医療機関での受診のしかた

 また、インフルエンザ情報は次をご覧ください。

x厚生労働省「インフルエンザ関連情報」

「新型インフルエンザ」相談窓口・ホームページ掲載情報

特に注意を要する人

 感染すると特に重症化する危険性がある人は、次の人です。

・慢性呼吸器疾患や慢性心疾患などの基礎疾患がある患者
・妊婦、乳幼児、高齢者

喘息などの基礎疾患をお持ちの方へ−旅行等の留意点(厚生労働省通知より)

▼旅行前に
 旅行前に主治医と相談し、旅行中の体調管理や基礎疾患の自己管理、発熱等の症状が出た場合の主治医への連絡方法や治療等に関する注意点を確認しておくこと。

▼旅行中の感染対策
・手洗い、うがい等、一般的な感染対策を徹底すること。
・乳幼児については、保護者は、児の感染対策に気を配るとともに、健康状態の把握等に努めること。
・旅行計画を立てる際には、できる限り人混みを避けるよう、交通手段や移動時間を検討すること。
・インフルエンザ様症状を有する者に接触したと思われる場合には、朝夕の検温など健康状態の把握に努めるとともに、発熱等の症状が出た場合には、直ちに主治医に連絡をとるなど、早期対応に努めること。

  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

8月10日から、新型インフルエンザの疑いがある場合は、原則全ての医療機関で直接受診できるようになりました(平成21年8月13日掲載)

 急な発熱、咳、のどの痛み、鼻水などのインフルエンザを疑う症状のある人は、原則全ての医療機関で、直接、受診できます。

受診方法

 受診しようとする医療機関に事前に電話連絡し、受診時間帯や受診方法などについて指示を受けてください。

◆受診医療機関が分からない場合や、在宅療養の不安などの相談窓口
 帯広保健所健康推進課保健予防係(発熱相談センター)
 受付時間:平日 8:45〜17:30 電話0155-27-8637

◆受診医療機関のインターネット検索
 x北海道医療機能情報システム

かかりつけ医をお持ちの方へ

  • 慢性の病気をお持ちの人
     「かかりつけ医」に電話連絡してから受診するか、「かかりつけ医」が紹介する医療機関を受診してください。
  • 妊娠中の人
     「かかりつけの産婦人科医」に電話連絡し、受診する医療機関の紹介を受けてください。

受診の際はマスクを着けましょう

  • 検診や他の病気で受診する人などへの感染防止のため、できるだけマスクを着用してください。
  • 自家用車で行くなど、公共交通機関の利用はできるだけ避けてください。

PDFファイル周知チラシ[全ての医療機関での受診](160KB)

  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

6月15日、帯広市内で初めての新型インフルエンザ感染患者が確認されました
(平成21年6月16日掲載)

 6月15日の夜、帯広市内で初めての新型インフルエンザ感染患者が確認されました。
 この方は、既に医療機関に入院し治療中と伺っており、1日も早い回復をお祈り申し上げます。

 北海道からの情報によりますと、この方は、米国(ハワイ)からの帰国者で、滞在先で感染したものと考えられ、現時点で把握している帰国後のご本人の行動からは、周囲への感染拡大の可能性は低いものと考えられることから、現時点では、学校等の休校やイベント等の自粛については行わないこととします。

 市民の皆さまには、予防のための「うがい、手洗い、せきエチケット」などの励行をお願いしますとともに、発熱などの症状がある方は、直接医療機関を受診せずに、下記の発熱相談センターに電話でご相談下さい。

 帯広市では、国・北海道・帯広保健所と緊密な連携をとり、市民の皆さまの安全・安心の確保に努めてまいります。

 市民の皆様には、国や北海道、帯広保健所、帯広市からの情報に注意し、冷静な対応をしていただくようお願いします。

平成21年6月16日
帯広市長 砂川 敏文

「新型インフルエンザ」相談窓口・情報
「新型インフルエンザ」予防対策

  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

6月11日、北海道内で初の新型インフルエンザ感染者確認、WHOが新型インフルエンザ警戒レベルをフェーズ6(世界的大流行[パンデミック])に引き上げました
(平成21年6月12日掲載)

 6月11日に、札幌市在住者が海外渡航後に新型インフルエンザに感染していたことが確認されました。6月11日現在、全国で22都道府県、550人近くの感染者が確認されています。

 また、世界保健機関(WHO)は新型インフルエンザの警戒レベルを最高のフェーズ6に引き上げ、世界的大流行(パンデミック)を宣言しました。

 市民の皆様におかれましては、引き続き手洗い、人混みでのマスク着用、咳エチケットの徹底、うがい等の感染予防策の徹底をお願い致します。

「新型インフルエンザ」相談窓口・情報
「新型インフルエンザ」予防対策

WHOによる新型インフルエンザ警戒レベル(フェーズ)
フェーズ1 動物から人に感染する危険性の低いウィルスを検出
フェーズ2 動物から人に感染する危険性の高いウィルスを検出
フェーズ3 人に感染する新しいウィルスを確認。
人から人への感染は限定的
フェーズ4 人から人に新しいウィルスの感染が続く。
感染集団は小さい
フェーズ5 大きな集団で感染
フェーズ6 【現在】 世界的大流行(パンデミック)
  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る  

5月16日、国内で、海外渡航歴のない人の新型インフルエンザ感染が確認されました(平成21年5月18日掲載・5月19・21・28日、6月3・12日更新)

 国内の新型インフルエンザ感染者の確認を受け、政府の新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会から、「国内における感染の状況が第2段階(国内発生早期)となった」との報告がなされました。

 更に、同委員会が5月16日に発表した「確認事項」において、新型インフルエンザ(A/H1N1)の感染性・症状の特徴について、次のように報告されています。

【新型インフルエンザ(A/H1N1)の特徴−新型インフルエンザ対策本部幹事会「確認事項」の抜粋】

 「今回の通常の季節性インフルエンザと同様に感染性は強いが、多くの方が軽症のまま回復したことが確認されている。しかし、基礎疾患のある者を中心に、重症化する傾向があり、死亡例も報告されている。」

x厚生労働省−新型インフルエンザ対策本部幹事会「確認事項」

 重症化しやすい基礎疾患として、喘息、腎機能障害、糖尿病などが挙げられています。

 市民の皆様におかれましては、引き続き手洗い、人混みでのマスク着用、咳エチケットの徹底、うがい等の感染予防策の徹底をお願い致します。

「新型インフルエンザ」相談窓口・情報
「新型インフルエンザ」予防対策

国の新型インフルエンザ行動計画における発生段階
段階
定義・状態
前段階(未発生期) 新型インフルエンザが発生していない状態
第一段階(海外発生期) 海外で新型インフルエンザが発生した状態
第二段階(国内発生期)
【現在】
国内で新型インフルエンザが発生した状態
第三段階 国内で患者の接触歴が疫学調査で追えなくなった事例が生じた状態
※都道府県の判断により、以下の3期の区分があります。
 ・感染拡大期 各都道府県において、入院措置等による感染拡大防止効果が期待される状態
 ・まん延期 各都道府県において、入院措置等による感染拡大防止効果が十分に得られなくなった状態
 ・回復期 各都道府県において、ピークを越えたと判断できる状態
第四段階(小康期) 患者の発生が減少し、低い水準でとどまっている状態

  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

国内で新型インフルエンザの感染者が確認されました(平成21年5月12日掲載)

 新型インフルエンザの感染が世界で広がるなか、日本でも感染者が、5月9日成田空港で確認されました。
 市民の皆さまにおかれましては、引き続き予防対策をお願いいたします。

海外で新型インフルエンザが発生しました(平成21年4月28日掲載、4月30日・5月1日追加)

 世界保健機関(WHO)は新型インフルエンザの警戒レベルをフェーズ5に引き上げ、厚生労働省も4月28日(火曜)、新型インフルエンザが発生したと宣言しました。

  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

「新型インフルエンザ」相談窓口・ホームページ掲載情報

新型インフルエンザに関する「発熱相談センター」

発熱相談センターでは、発熱などの体調変調の相談に対応します。

  • 場所:十勝総合振興局保健環境部保健福祉室(帯広保健所) 東3南3
  • 時間:8:45〜17:30 ※土曜・日曜・祝日を除く
  • 電話番号:0155-27-8637、または0155-21-6399

※上記の開設時間以外については、次に連絡してください。
 十勝支庁総合案内窓口(電話:0155-26-9005)

新型インフルエンザの詳しい情報

以下のページを参照してください。

外部リンク十勝総合振興局保健環境部保健福祉室(帯広保健所)「新型インフルエンザに関する情報について」

外部リンク厚生労働省健康局結核感染症課「新型インフルエンザに関する情報」

外部リンク農林水産省「新型インフルエンザ関連情報」

外部リンク内閣府食品安全委員会「メキシコ・米国等における新型インフルエンザ発生状況について」

  >>「インフルエンザに気をつけましょう」のページへ戻る

新型インフルエンザの予防対策

 通常のインフルエンザ対策と同様で、以下のようなものがあります。

  1. うがい・手洗い・マスクの励行 
  2. 十分な栄養や睡眠により、体力や免疫力を高め、感染しにくい状態に保つ 
  3. 外出時などの「咳エチケット」の励行

 

咳エチケットとは

  • 咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1メートル以上離れましょう。 
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐフタ付きの専用のゴミ箱に捨てましょう。 
  • 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25-9721(直通)
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集