フェイスブックとラインの公式ページがあります。友だち追加数

子どもの予防接種

 感染症から子ども(自分の子どもはもちろん、周りの子どもたちも)を守るために、予防接種は非常に効果の高い手段の一つです。子どもたちの健康を守るために、予防接種の効果と副反応をよく理解し、予防接種を受けましょう。        法律にもとづいた定期接種は、無料で受けられます。受ける際には必ず母子健康手帳を持参してください。

 

お知らせ

B型肝炎ワクチンについて

平成28年10月1日からB型肝炎の予防接種が定期接種となりました。

*B型肝炎はB型肝炎ウィルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウィルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。
 特に乳児の場合は、予防接種による免疫の獲得率が高いことなどから、国は平成28年10月1日から、B型肝炎を定期予防接種とすることを決定しました。この決定を受けて、帯広市においても、平成28年10月1日からB型肝炎を定期接種として実施しています。

※詳細については「B型肝炎」のページをご覧ください。「B型肝炎」のページ 内部リンク

*ただし、定期接種の対象者は、平成28年4月1日以後に生まれた方です。対象にならない方で、B型肝炎の予防接種を希望される方は、任意接種(有料)での予防接種になります。

 

日本脳炎ワクチンについて

 平成28年4月1日から日本脳炎の予防接種が定期接種となりました。

*日本脳炎は、日本脳炎ウィルスが蚊によって媒介され急性脳炎をおこす感染症です。北海道での発症は現在のところなく、平成27年度末まで、北海道内全域を「日本脳炎の予防接種を行う必要がない区域」として指定していました。しかし、住民が道外や海外に行き来する機会が増えていること等から、平成28年4月1日から、日本脳炎を定期予防接種とすることを決定しました。この決定を受けて、帯広市においても、平成28年4月1日から日本脳炎を定期予防接種として実施しています。

※詳細については「日本脳炎」のページをご覧ください。「日本脳炎」のページ 内部リンク

 

帯広市で定期予防接種としてで実施しているもの

   予防接種名  予防できる感染症 備考
集団接種 BCG 内部リンク 結核 PDFファイル BCG接種について (178KB)
個別接種 B型肝炎 内部リンク B型肝炎
平成28年10月1日より定期接種になりました
ヒブ
細菌性髄膜炎
 
小児用肺炎球菌 細菌性髄膜炎 平成25年11月よりワクチンの成分変更がされています
四種混合
ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ 三種混合の接種が完了していない場合は、ワクチンの販売が終了しているため、四種混合ワクチンに切り替えて接種します
不活化ポリオ
ポリオ(急性灰白髄炎=小児まひ)  経口生ワクチンを1回だけ接種した方は、不活化ポリオワクチンを3回接種する必要があります
麻しん   風しん混合 麻しん風しん  
水痘 水痘(水ぼうそう) 平成26年10月1日より定期接種となりました
日本脳炎 内部リンク 日本脳炎 平成28年4月1日より定期接種になりました
二種混合 ジフテリア・破傷風 乳幼児期に受けた四種混合の免疫力を再度高めます。学校を通じ、小学校六年生にお知らせします
ヒトパピローマウイルス 子宮頸がん

副反応についての適切な情報提供ができるまでの間 、積極的にお勧めしていません。

PDF 厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチン有効性とリスク

  PDFファイル 予防接種の実施方法 (297KB)   (健康づくりガイド 子ども編)

 

予防接種実施医療機関

 実施医療機関は、種類ごとに異なります。 PDFファイル 予防接種実施医療機関(個別接種)   をご覧ください。

 

予防接種を受ける前の注意事項

 一般的注意事項

  予防接種は、健康な人が元気な時に接種を受け、その細菌やウィルス等の感染を予防するものですから、体調の良い時に受けるのが原則です。                                                  安全に予防接種を受けられるよう、以下のことに注意の上、当日に予防接種を受けるかどうか確認してください。

  1.  BCG接種の場合、2日前から 接種部位(両腕)に塗り薬や保湿剤などを塗らないでください
  2. 前日は入浴するかシャワーを浴び、身体を清潔にしましょう。
  3. 当日は朝からお子さまの状態をよく観察し、普段と変わったところのないことを確認してください。
  4. お子さんに「せき・発熱」などの症状がある場合は、予防接種や乳幼児健診は遅らせて受診してください
  5. 母子健康手帳を必ず持っていきましょう
  6. 予診票はお子さまを診察して接種する医師への大切な情報です。責任を持って記入しましょう
  7. 接種を受けるお子さまの日頃の状態をよく知っている人が連れて行きましょう

 なお、予防接種の効果や副反応等について理解した上で、接種に同意した時に限り接種が行われます。

予防接種を受けることができない人

  1.  明らかに発熱のある人(一般的に、接種会場で測定した体温が37.5℃以上のことをいいます)
  2.  重い急性疾患にかかっていることが明らかな人(急性の病気で薬を飲む必要のある人)
  3. その日に受ける予防接種によって、又は予防接種に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことのある人   「アナフィラキシー」とは、通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。発汗、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出るほか、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続き、ショック状態になるような激しい全身反応のことです。
  4. BCG接種の場合は、予防接種や外傷などによってケロイドが認められて人
  5. BCG接種の場合は、すでに結核にかかったことのある人
  6. 女性においては、妊娠していることが明らかな人
  7. その他、医師が不適当な状態と判断した場合

  上記の1〜6に当てはまらなくても、医師が接種不適当と判断した時は接種できません。

 予防接種を受ける前に、医師とよく相談しなくてはならない人

  以下に該当する人は、かかりつけ医がいる場合には必ず事前に予防接種を受けてよいか、相談をしてください。

  1. 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害等で治療中の人
  2. 過去の予防接種で、2日以内に発熱の見られた人及び発疹、じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられた人
  3. 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことのある人(原因が明らかな場合には、一定期間経過すれば接種は可能です)
  4. 過去に免疫不全の診断がされている人や、近親者に先天性免疫不全症の人がいる人
  5. ワクチンには、その製造過程で、培養に使う卵の成分や抗生物質、安定剤などが入っていることもあるので、これらに重篤なアレルギーがあるといわれたことのある人
  6.  BCGの場合は、家族などに結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのある人

 予防接種を受けた後の一般的注意事項
  1. 予防接種を受けた後30分間は、接種会場でお子さまの様子を観察するか、医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。ショック症状などの急な副反応はこの間に起こりやすいためです。
  2. 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現の可能性があるため健康状態に気をつけましょう。またこの間に他の予防接種を受けることはできません
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は発熱等がなく、接種後1時間を経過すれば差し支えありませんが、接種した部位はこすらないでください。
  4. 接種当日は、激しい運動はさけましょう。
  5. 病気にかかった後は、予防接種を受けられない期間があります。
  6. 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

 接種を受ける人が年長児以上の場合、血管迷走神経反射による失神が起こる可能性があります。血管迷走神経反射とは、注射の痛みや恐怖・不安等の精神的動揺により自律神経系が刺激され、全身の血管が拡がるため脳の血流が低下し、血圧や心拍数の低下を引き起こす生理的な反応です。横になってしばらく休むことで回復します

 副反応を疑う時には

通常みられる反応

 ワクチンの種類によっても違いますが、発熱、接種部位の発赤・腫れ・しこり、発疹などが比較的高い頻度で認められます。 通常、数日以内に自然に治るので心配ありません。

紛れ込み反応

 予防接種を受けたしばらく後に、何らかの症状が出現すれば、予防接種が原因ではないかと疑われることがあります。しかし、たまたま同じ時期に発症した他の感染症などが原因であることが明らかになることもあります。

重い副反応

 予防接種を受けた後、接種局所のひどい腫れ、高熱、ひきつけなどの症状があったら、医師の診察を受けてください。お子さんの症状が予防接種後副反応報告基準に該当する場合は、医師が副反応の報告を行います。                 ワクチンの種類によっては、極めてまれ(百万から数百万人に1人程度)に脳炎や神経障害などの重い副反応が生じることがあります。この場合は、各種調査検討の上、厚生労働大臣が定期の予防接種による副反応と認定した時には 、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。給付申請の必要が生じた場合には、健康推進課へ相談してください。

 

帰省・里帰り出産などで、他市町村でお子さんの定期予防接種を受けたい人へ

 定期予防接種は、予防接種法に基づいて市町村に実施の責任があるため、住民票のある市町村で接種を受けます。そのため、帰省や里帰り出産などで市外で定期予防接種を希望する場合は、滞在先の市町村に定期予防接種の実施依頼をする必要があります。

 希望される方は、PDFファイル 予防接種実施依頼申請書 の提出が必要となります。PDFファイル 記入例 を参考に記入し、予防接種実施前に健康推進課へ持参または郵送していただくか、FAX(0155-25-7445)で提出してください。

  • 予防接種実施依頼申請書とは、予防接種法に基づき、その実施責任が帯広市長にあることを明確にした書類です。
  • 書類の作成には2〜3日かかります。
  • 予防接種の費用は原則、自己負担となります。(有料で接種した場合でも、帯広市からの費用還付はありません)

 

長期療養を必要とする疾病により、定期接種を受けられなかった方へ

 予防接種法の改正により、長期療養を必要とする重篤な疾病にかかったこと等により、やむを得ず対象年齢内に定期予防接種が受けられなかった方への接種の機会が特例措置として確保されました。                         対象の方は、予防接種法に基づく対象年齢外であっても、医師が接種可能と判断して2年間は、接種できなかった予防接種を定期接種として受けることができます。(予防接種の種類によっては上限年齢あり)  

 該当すると思われる方は、健康推進課までご相談ください。                  

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25-9720(直通)
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集