障害者福祉・高齢者福祉・介護保険

第三者行為(交通事故等)により介護サービスを利用する時は、届出が必要です。

 介護保険の被保険者の方は、交通事故などの第三者(自分以外の人)行為によって状態が悪化した場合でも、介護サービスを
受けることができます。
ただし、介護保険サービスにかかった費用は加害者が負担するのが原則ですので、帯広市が一時的に立て替えたあとで、加害者
(加害者が加入している損害保険会社等)へ請求することになります。
 帯広市が支払った介護給付が第三者行為によるものかを把握する必要があるため、介護保険サービスを受けるときは、被害届
等の提出をお願いします。
 
◆ 提出書類
1 第三者行為による被害届
  交通事故証明書 を参考に記入してください。
 
2 事故発生状況報告書
  図の説明は、できるだけ詳しく記入してください。
 
3 念書(兼同意書)(被害者側)
  被害者(介護保険サービスを受ける人)の方が作成します。
 
4 誓約書(加害者側)
  加害者側で作成していただいてください。
 
5 交通事故証明書
  自動車安全運転センターで発行のコピーを提出してください。
 
 

 

 
 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社新生
  • 広告募集