障害者福祉・高齢者福祉・介護保険

介護保険サービスの利用者負担

 介護保険または介護予防・生活支援事業のサービスを利用した場合、原則としてサービス費用(※1)の1割(または2割)を利用者が負担します。残りの9割(または8割)は介護保険から給付されます。
 毎年7月以降、全ての要介護(要支援)認定者に、自己負担割合を記載した「介護保険負担割合証」を送付します。

 《 自己負担割合が2割になる基準 》
  ・第1号被保険者本人の合計所得金額が160万円以上。
  ・ただし、同一世帯の第1号被保険者の年金収入+その他の合計所得金額が、
   1人のみの場合は280万円、または、2人以上の場合は346万円未満の場合は、1割負担になります。

 ※1「サービス費用」とは、日常生活費、食費、居住費(滞在費、宿泊費)、家賃を除いたサービスに要した費用のことです。

サービスの利用者負担

 1か月に利用したサービス費用が、1か月あたり保険が適用できる上限額(利用限度額※2)の範囲内で、サービス費用の9割分(または8割分)が保険から給付され、1割分(または2割分)が利用者負担になります(利用限度額を超えた分は、全額自己負担となります)。



※2 利用限度額は、要介護度に応じて次のとおり設定されています。

※3 つながりサービス は除きます

  • 要支援1… 50,030円 
  • 要支援2…104,730円 
  • 要介護1…166,920円 
  • 要介護2…196,160円 
  • 要介護3…269,310円 
  • 要介護4…308,060円 
  • 要介護5…360,650円

利用者負担の例

  • 訪問サービス   …サービス費用の1割(または2割) 
  • 通所サービス   …サービス費用の1割(または2割)+日常生活費+食費 
  • 短期入所サービス …サービス費用の1割(または2割)+日常生活費+食費+滞在費 
  • 入居サービス   …サービス費用の1割(または2割)+日常生活費+食費+家賃 
  • 施設サービス   …サービス費用の1割(または2割)+日常生活費+食費+居住費
                 (入居サービス・施設サービスには利用限度額はありません)

利用者負担の軽減制度があります

 サービスを利用した費用が高額になったときや、収入が少ない人のために、次の制度があります。詳しくは、各制度のページでご確認ください。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部介護保険課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4151、0155-65-4152
  • FAX:0155-23-0163

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集