こども学校応援地域基金プロジェクト

 こども学校応援地域基金プロジェクト

 こども学校応援地域基金プロジェクトとは?

 プロジェクトでは、現在、地域ぐるみで進めている「学校支援地域本部事業」や「放課後子ども広場(居場所づくり)」などの既存の取組みを、ワンプレートに乗せるイメージで緩やかにくくり、おびひろっ子を育む仕組みとしてさらに充実させることや、学校・家庭・地域が一体となって、地域・社会総ぐるみで「ふるさとの風土に学び 人がきらめき 人がつながる 帯広の教育」の実現を目指していこうとする気運を高めるための取組みを行います。

<概念図> PDFのダウンロードはコチラをクリックしてください。 (401KB)

こども学校応援地域基金プロジェクト


 

こどもを応援する様々な活動を紹介します!

学校・家庭・地域の連携 活動事例の紹介(ここをクリックしてください)

 学校や家庭、地域が幅広く連携し、社会全体で子どもたちの健やかな成長を支える取組みを紹介しています!

活動例

 左図は、帯広市で行われている「こどもを応援する活動」のほんの一部です。

 地域社会総ぐるみでこどもを応援するため、これまで以上に、それぞれの活動が 「つながり」を持てるよう、情報発信してまいります。

学校のページ

 市内小中学校全40校では、独自ホームページを開設し、学校の紹介や行事予定などを掲載しています。
 こどもを応援するうえで、きっと役に立つでしょう。気になる学校のホームページをぜひご覧ください。

 小学校一覧・・・左記をクリックすると小学校一覧画面が表示され、そこから各校のホームページをご覧いただけます。

 中学校一覧・・・左記をクリックすると中学校一覧画面が表示され、そこから各校のホームページをご覧いただけます。

保護者との連携

○帯広市立小中学校の保護者の皆様へ PDFファイル帯広市教育委員会と帯広市PTA連合会から4つの提案 (165KB)

 

こども学校応援地域基金について 

活動の様子

活動の様子

活動の様子

地域ぐるみでこどもたちを応援し、生き生きと学ぶ「おびひろっ子」を育みたい。
そして、挨拶が響き渡り、こどもも大人も元気になる「まち」をつくりたい。
その想いを込めて、平成28年4月に「帯広市こども学校応援地域基金条例」を施行しました。

皆さまからいただいた寄附金は、地域ぐるみでこどもを応援する活動の資金などに充てさせていただきます。
なお、基金は応援したい学区を指定して寄附することも、指定しないで寄附することもできます。

----ふるさと納税(おびひろ応援寄附金)への寄附のお申込み----
●個人の方(返礼品を希望される方、クレジット決済の方)のお申込み方法
  寄附のお申し込みはこちらから
  ※手続きの流れはこちらをご参照ください 

●個人の方(返礼品を希望されない方、帯広市在住の方)、法人・団体の方のお申込み方法
 pdf寄附申込書 (145KB)をご郵送いただくか、お持ち下さい。
 ※ご連絡をさせていただく場合がございます。

★寄附申込書の送付先・お問い合わせ★
 〒080-8670 北海道帯広市西5条南7丁目1番地
 学校教育部 企画総務課 こども学校応援地域基金 担当者宛
 電話:0155-65-4201 FAX:0155-23-0161

新着情報

平成29年度第2回目の「こども応援!みらいカフェ」を開催します!

帯広市で子どものために活動している団体を、緩やかにつなげていくことを目的に始まった「こども学校応援地域基金プロジェクト」の取組みの一環として、「こども応援!みらいカフェ」を実施します。
今年度は6つの団体が基金による交付金を活用して、取組みを行いましたので、その実践発表を行います。
また、札幌大谷大学の丸山さんをお招きし、他団体とのつながり方やつなげ方などを参加者同士で交流し、学ぶ時間も設けておりますので、お気軽にご参加ください。

みらいカフェ   ★お問い合わせ・お申し込み先★
  帯広市役所 学校教育部 学校教育指導室
  (こども学校応援地域事業推進委員会事務局)
  TEL:0155-65-4205 FAX:0155-23-0161  

 

平成29年9月4日・9月6日に「 こども応援!みらいカフェ」を開催しました!

今年で3年目の開催となる、「こども応援!みらいカフェ」を帯広市の4会場で開催しました。
昼の部は教育委員会の若菜相談員をアドバイザーに、こどもとの活動方法や課題などを話し合い、
夜の部では効果的なチラシの作り方を札幌大谷大学の新井田講師から学びました。
☆「こども応援!みらいカフェ」開催報告はワードこちら (690KB)

《会場:サラダ館》           《会場:保健福祉センター》
○日時:9月4日(月)10:00〜11:30  ○日時:9月4日(月)18:30〜20:00
みらいカフェの様子(サラダ館)  みらいカフェの様子(保健福祉センター)

《会場:森の交流館》          《会場:百年記念館》
○日時:9月6日(水)10:00〜11:30  ○日時:9月6日(水)18:30〜20:00
みらいカフェの様子(森の交流館)  みらいカフェの様子(百年記念館)

●●●参加した方の感想●●●
(昼の部:日頃の活動の様子や子どもとの関わり方についての交流)
 ・色々な団体の人がいるので、様々な視点から意見を聞くことができて良かった。
 ・初めての参加だったが、色々な人の話が聞けたので、今後の活動に役立てたい。
(夜の部:チラシの効果的な作り方)
 ・チラシを作る機会が多いので、期待以上にためになるワークショップだった。
 ・初対面なのに、こんなに楽しい勉強会ができるなんて感動だった。




   

  「こども応援!みらいカフェ」を9月4日、9月6日に開催します!

みらいカフェチラシ

 ★地域で育てる・地域がつながる こども応援!みらいカフェ★

  同じ地域で、こどもを応援する活動を行っている皆さんが、

  子どもとの接し方、ボランティア募集・チラシの作成の

  コツなどを、講師に教わりながら意見交流します。

 

 <日 時> 9月4日(月) 10:00-12:00(サラダ館)

                                 18:30-20:30(保健福祉センター)

                 9月6日(水) 10:00-12:00(森の交流館)

                                 18:30-20:30(百年記念館)

 <対 象> こどもを応援する活動を行っている方どなたでも

 <参加費> 無料

 <進行役> 丸山 宏昌

      (札幌大谷大学 社会学部 地域社会学科 助教)

 <申 込> 帯広市役所 学校教育部 学校教育指導室

      (こども学校応援地域事業推進委員会事務局)

      TEL:0155-65-4205 FAX:0155-23-0161    

     電話・FAXで8月31日(木)までにお申込みください

 ↑詳細につきましては、上の画像をクリックしてください!

 

  平成29年度 第1回こども学校応援地域事業推進委員会を開催しました

 昨年度に引き続き、今年度第1回目のこども学校応援地域事業推進委員会を開催いたしました。

 事務局からはこども学校応援地域基金の概要、設置要綱、交付金についての説明や、9月及び12月に「みらいカフェ」を開催することが確認されました。また、各委員からは基金を利用した活動状況を報告していただき、事務局との活発な意見交換が行われました。

H29 第1回こども学校応援地域事業推進委員会   H29 第1回こども学校応援地域事業推進委員会 

 

こども学校応援地域基金プロジェクト 〜こども学校応援地域交付金の申請について

  こども学校応援地域基金プロジェクトの一環として、複数のボランティア団体と連携した取組を行う場合、基金から

財政的な支援を得ることができます。

 豊成祭り(交付金利用) 北栄祭り(交付金利用)

 

  申請に必要な条件、書類等につきましては、下記をクリックしてください。

 

こども学校応援地域交付金交付要綱(PDF) (254KB)

☆申請に必要な書類〜交付申請書事業計画書  ※事業計画書の記入例はこちらをクリックしてください。

☆交付金までの流れを簡単に説明しています。ご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

☆今年度の申請期間 平成29年4月14日(金)〜平成29年5月26日(金)

 

 ★★お問い合わせ★★

 〒080-8670 北海道帯広市西5条南7丁目1番地

 学校教育部学校教育指導室  こども学校応援地域基金 担当者宛

 電話:0155-65-4205 FAX:0155-23-0161

 平成28年12月3日(土)「こども応援!みらいカフェ」第2弾を開催しました!

昨年に引き続き、 今年度も50名を超える多くの皆さんにご参加いただきました。
今年度は2部構成で行われました。
☆「こども応援!みらいカフェ」開催報告はPDFこちら (2168KB)

 

1.交付金を活用した各団体からの報告

交付金の交付を受けた4団体(きかんこくらぶ、つつじっ子クラブみまもり隊、北栄ネットワーク、よんかけサポーターズクラブ)の代表の方に、交付金を活用した取組みの成果や課題などを発表していただきました。
その後、その発表を受けて、それぞれの団体の「よいところ」をほめ合いました。
各団体からの報告  各団体からの報告

★★各団体の取組の一部をご紹介します★★
・異年齢の子どもたちや地域の大人と交流する機会を設け、様々な人との関わりの中で安心して遊べるイベントとして、夏祭りを開催しました。
・本事業を活用し、多くの団体に働きかけ、参加に協力してもらうことで、出店の数を増やしました。
 資金面・人員とも十分に確保されスムーズな運営ができました。子どもたちも大喜びでした。
・課題としては、スタッフが多い分、綿密な打合せ、役割分担の改善が必要だと感じました。
・例年より地域の方々も見に来てくださり、地域一体となったお祭りになりました。

2.意見交流  

「あなたの地域では、どんな連携・協力のカタチがありますか?」というテーマで対話を行いました。
意見交流  意見交流

地域の人材を活かした取り組みの事例、子どもにかかわるボランティア活動に対する思いなどを交流しました。

 

★★参加者の感想★★
・他地域の活動の様子を知ることができ、今後に向けてとても参考になりました。
・回を重ねるごとに顔見知りも増え、前回よりも具体的でいい話ができました。
・子どもを楽しませる取り組みに色々なアイディアをいただきました。
 子どもを楽しませることを楽しむ大人たちの仲間作りが大切であると思います。

平成28年7月に「 こども応援!みらいカフェ」を開催しました!

★地域で育てる・地域がつながる こども応援!みらいカフェ★

昨年度も開催した「こども応援!みらいカフェ」を今年度も市内4会場で行いました!
こどもを応援したい!という皆さんが、このカフェ(交流会)で出会い、交流し、一緒になって、
「課題としていること」や「もっとよくしたいと思っていること」などについて語り合いました。
☆「こども応援!みらいカフェ」開催報告はワードこちら (1550KB)

 カフェの説明 自分の思いを交流
 連携してできることを形に
 カフェの説明
 自己紹介・自分の思いを
語り合いました
 連携してできること・印象に残ったこと
などを自由に書いていきました

★★参加者の感想★★

・色々な立場の人と話をすることで、今後の活動にとても参考になった。今後もこういう交流は必要だと思いました。
・人材不足がどのエリアでも深刻であることが分かりました。解決の方法を今後も探っていきたいと思います。
・今までボランティア等の活動へ参加したことがないのですが、知らないところで皆さんがこのような活動をされているのだなと思いました。
 

《会場:稲田南福祉センター》        《会場:東コミュニティセンター》
○日時:7月20日(水)10:00〜11:30  ○日時:7月20日(水)19:00〜20:30

 カフェの様子(稲田南福祉センター)  カフェの様子(東コミュニティセンター)

 《会場:森の里コミュニティセンター》    《会場:北親福祉センター》
○日時:7月21日(木)10:00〜11:30  ○日時:7月21日(木)19:00〜20:30

カフェの様子(森の里コミュニティセンター)  カフェの様子(北親福祉センター)

★こども応援みらいカフェではどんなことをするの?★

こどもを応援したい!という皆さんが、このカフェ(交流会)で出会い、「私たちがこどもたちにできること・したいこと」
などについて語り合います。ここでの出会いをきっかけに、皆さんのこどもを応援する取組みがつながり、広がっていくことを目指しています!

 


 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市学校教育部学校教育指導室

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4205
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集