学習指導要領

 教育水準を確保するために、各教科などの目標や内容などを定めている学習指導要領と、それに基づく取り組みについてお知らせします。

学習指導要領とは

 全国どこの学校で教育を受けても、一定の教育水準を確保するために、各教科などの目標や内容などを文部科学省が定めているもので、教科書や学校での指導内容のもとになるものです。
 ほぼ10年ごとに告示します。

学習指導要領の理念

 「生きる力」をはぐくむこと。

・自ら学び、自ら考え主体的に判断し行動し、問題を解決する力の育成
・他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性の育成
・たくましく生きるための健康や体力の育成

外部リンク 学習指導要領(文部科学省) (0KB)

学習指導要領の改正

 平成18年12月に教育基本法が約60年ぶりに改正され、その後の学校教育法の改正を受けて、平成20年3月に学習指導要領が告示されました。さらに、平成27年3月、学習指導要領が一部改正され、これまでの「道徳」が「特別の教科 道徳」として実施されることとなりました。また、平成29年3月31日に「新学習指導要領」が告示され、小学校においては平成32年から、中学校においては平成33年から全面実施されることとなりました。

 

新学習指導要領の実施時期

 ・小学校:平成32年度
 ・中学校:平成33年度

新学習指導要領の主な方針

(1)子供たちが未来社会を切り拓くための資質・能力を一層確実に育成。その際、子供たちに求められる資質・能力とは何かを社会と共有し、連携する「社会に開かれた教育課程」を重視。

(2)知識の理解の質をさらに高め、確かな学力の育成。

(3)道徳教育の充実や体験活動の重視、体育・健康に関する指導の充実により、豊かな心や健やかな心の育成。

(4)「主体的・対話的で深い学び」の実現…何が出来るようになるかを明確化

(5)各学校におけるカリキュラム・マネジメントの確立

(6)言語能力の確実な育成、理数教育の充実、伝統や文化に関する教育の充実、道徳教育の充実、体験活動の充実、外国語教育の充実(※小学校において、中学年で「外国語活動」を、高学年で「外国語科」を導入。)

具体的な改善事項

(1)言語活動の充実
 ・国語科だけでなく、各教科などにおいて記録、説明、論述、討論などの学習活動を充実する。

(2)理数教育の充実
 ・科学技術の土台であること、国際的な通用性などを踏まえ、理数教育の充実を図る。

(3)伝統や文化に関する教育の充実として
 ・我が国や郷土を愛する心や、伝統・文化を継承発展させるための教育を充実する。

(4)道徳教育の充実については
 ・学校の教育活動全体を通じて行うことを明確にする。
 ・発達段階に応じ、社会性や豊かな人間性をはぐくむ観点からの体験活動の充実。

小学校教科に関わる具体的変更点
・現行9教科、特別の教科道徳、特別活動、総合的な学習の時間に加え外国語活動・外国語科を追加
・国語、社会、算数、理科、体育の授業時数はこれまでとほぼ同様。小学校6年で1015時間程度。
中学校教科に関わる具体的変更点
・現行9教科、特別の教科道徳、特別活動、総合的な学習の時間等、これまでとほぼ同様。授業時数は1015時間程度。

小学校外国語活動導入に向けた具体的な取り組み

学校教育指導室の取り組み

 1.教職員研修のサポート活動
   平成32年度からの外国語活動・外国語科の全面実施に向けた取組として、研修を充実させてきました。

 平成28年度では、各学校での教職員の相談活動や研修へのサポート(ALTの派遣等)を進め、教職員が熱心に学ぶ姿勢が見られました。
研修会1

研修会2

 

2.サマーイングリッシュ及びウインターイングリッシュの開催

 平成32年度からの小学校英語教科全面実施に向け、小学校3年生から6年生において「英語の音声や表現に慣れ親しみ、コミュニケーション能力の素地を養うこと」を目的に毎年開催しております。

 

 平成29年度の夏【サマーイングリッシュ】及び冬【ウィンターイングリッシュ】の日程

  【サマーイングリッシュ】の実績(平成29年度)

1)平成29年7月26日(水)広陽小

2)平成29年7月26日(水)明和小

3)平成29年7月27日(木)広野小

4)平成29年7月28日(金)明星小

サマーイングリッシュ 

  【ウィンターイングリッシュ】の実績(平成29年度)

1)平成29年12月27日(水)啓北小

2)平成29年12月28日(木)緑丘小

3)平成30年  1月11日(木)愛国小

4)平成30年  1月12日(金)森の里小

 ウィンターイングリッシュ

                                                                                                                                           ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市学校教育部学校教育指導室

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4206
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社 新生
  • 大正動物霊園
  • 株式会社 山下家具
  • 広告を募集しています