就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定試験

 病気などやむを得ない事情により、保護者が義務教育諸学校に就学させる義務を猶予又は免除された子等について、中学校を卒業した者と同等以上の学力があるかを認定するための試験があります。

中学校卒業程度認定試験(中卒認定)とは

 病気などやむを得ない事情により、保護者が義務教育諸学校に就学させる義務を猶予又は免除された子等について、中学校を卒業した者と同等以上の学力があるかを認定するために国が行う試験で、合格した者には高等学校の入学資格が与えられます。

平成30年度就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定試験

 

受験資格

 次の(1)〜(4)までのいずれかに該当する人が受験できます。

(1)就学義務猶予免除者である者、または就学義務猶予免除者であった者で、平成31年3月31日までに満15歳以上になるもの

(2)保護者が就学させる義務の猶予または免除を受けず、かつ、平成31年3月31日までに満15歳に達する者で、その年度の終わりまでに中学校を卒業できないと見込まれることについてやむを得ない事由があると文部科学大臣が認めたもの

(3)平成31年3月31日までに満16歳以上になる者((1)および(4)に掲げる者を除く)

(4)日本の国籍を有しない者で、平成31年3月31日までに満15歳以上になるもの

願書受付期間

 平成30年8月20日(月曜)〜平成30年9月7日(金曜)(書留郵便、消印有効)

出願書類

(1)認定試験願書・履歴書

(2)戸籍抄本又は住民票の写し1通(いずれも出願前6カ月以内に交付を受けたもの)

(3)写真2枚(出願前6カ月以内に撮影した無帽・正面上半身のもの)

(4)証明書(該当者のみ)
 1.市町村の教育委員会が作成した、就学義務の猶予または免除を受けた旨の証明書(受験資格の(1)に該当した人に限る)
 2.市町村の教育委員会が作成した、中学校を卒業できないと見込まれることについてのやむを得ない事由に関する証明書(受験資格の(2)に該当した人に限る)

願書受付

 文部科学省に出願書類を提出(書留・郵送)

試験日

 平成30年10月25日(木曜)

試験科目および時間割

 【試験科目】国語、社会、数学、理科、外国語(英語)

 【時間割】

試験科目 国語 社会 数学 理科 外国語(英語)
時間 10:00〜
10:40
11:00〜
11:40
13:00〜
13:40
14:00〜
14:40
15:00〜
15:40

試験会場

 北海道庁別館(札幌市中央区北3条西7丁目)

合格発表

 平成30年12月3日(月曜) 発送予定

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市学校教育部学校教育課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4203(直通)
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社 新生
  • 大正動物霊園
  • 広告を募集しています